2012/09/26

6週間ぶりの日本へ。

お久しぶりーーーですっ

一昨日、日本に帰国しました。6週間ぶりです。
ブログもちょっと衣替え~


まずは、BGMにDef Tech聴きながら、ゆるーくどーぞ♡

♪Def Tech / Day Off♪



6週間の旅。

今までで、イチバン笑って、悩んで、感じて。



タイ、ラオス、マレーシア、インド。




たくさんの、大切なことを学びました。





びっくりするぐらい。







これから、ちょっとづつ書いていきます。



hampi India travel




日本に帰国してから、まだまだ違和感は続いてる。



街がうんち臭くない。

道路の車が、列をなして走ってる。

日本人の女の子、おしゃれ!

水道の水を飲める。

トイレがまぶしい。

ってか、トイレにトイレットペーパーある。

ってか、コンビニにトイレがある!

ってか、ってか、コンビニまじでコンビニエント!!!!




そんな些細なことに、感動して幸せにひたっとる。

ずっとね、この違和感を覚えてたい。




この世界に、当たり前も、非日常もない。


目の前の世界の色を決めるのは、ぜーんぶ自分のココロ。







空港から神戸に向かうバスの中で、すんごい感動したことがあって。



なんとなく、バスの中から外を眺めてた。


高層ビルに明かりがキラキラしてて、日本に帰って来たんだなーって。






そんな時に感じた違和感。



あれ?インドの夜も、きれいだなーって思ってたけど、何が違うんだろう??






インドのハンピで毎晩思ってた。


星がきれいって。





日本のキレイな夜景は、街の明かり。

インドのキレイな夜景は、星の明かり。





いいこと?悪いこと?



今までは、星が見えないことを、ネガティブに捉えてた。

どんどん人間が自然を壊し、星の明かりを消してってる気がして。





だけど、バスで感じたこと。




星の明かりが見えないくらい、街の明かりが眩しいからこそ、

女性一人でも安全に夜道を歩けるんだって。



インドにいる時、7時以降に一人で外出することもためらわれた。

夜10時以降なんて、狂犬病持った犬が歩き回るし、まさにスリル満点のホラー映画。

笑えないくらい、危険なんです。





夜になったら、星を消してしまうくらいの日本の明かりは、

日本が安全な証拠なんだなーって。





そう思ったら、一人で感動。

ビバ☆JAPAN

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。