--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/10/05

誰も知らない絶景

君の瞳に・・・・・・













映ったちゅぼに乾杯☆



ちあーず\(-_-) インド人ver.
インド



ウシさんのうんこまみれだった日々から、
無事に解放されて1週間半。

まじですか。

これは嘘だと言って、インドの神様 ガネーシャ様。

これは夢だと言って、日本の神様 仏様。


1ヶ月は経った気がするよー。レイホー。





ーーーーーーーーーーーーーーーー






あたしが、ずーーっと探し求めていたモノ。

”誰も知らない絶景”



それは、

南インドの小さな村、ハンピにありました。





不思議なくらいに居心地の良いハンピで出会った、
不思議なアメリカ人の旅人が連れてってくれた。






ガイドブックにも載っていないジャングルみたいな道を

ギラギラ輝く太陽の下を二人で必死に自転車をこいで

ココナッツを巨大な岩の上で食べながら休憩して

たまにすれ違うヤギとウシの群れをかき分けて







やっとたどり着いた場所。





見た瞬間に息をのむ程の、絶景が広がっていました。






 " you know what?
 sometimes i have this kind of problem....
 i cant leave the place. like here...


 ねぇねぇ。
 時々、困ることがあるんだよね。
 離れられなくなったりして。
 ここみたいな場所とか。

 帰ろうとしても、
 あと1分だけ...
 そうやって、いつまでもいたくなるんだよね。"







たぶん、

あたしがここに場所を書いて、誰かが見に行っても、
その時の写真を貼付けても、

あの美しさは誰にも伝わらない。と思う。




あの場所が”誰も知らない絶景”だったんじゃなくて、
あの時、あの旅人が、何でもない場所を、
”世界一の絶景”にしてくれたんだと思う。







南インドの小さなハンピ村の

とある何でもない場所のはなし。




たまたま出会った旅人が連れて行ってくれた

あたしの大好きな場所のはなし。




DSC_1399.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。